推薦状を書くほうにまわる

教職大学院では,ストレートマスターのコースを担当している。そのため,この時期に教員採用試験や奨学金申請の推薦状を書くことがある。中にはそこそこの分量を手書きで書かせるようなところ(「働き方改革」なのだからなんとかして欲しい・・・)もあり,難儀している。

しかし,私も最近,大学院時代の奨学金の書類を書いたということもあり,思い出した。私も奨学金や就職にあたり,実に多くの推薦文を自分の先生に書いてもらっていた。おおよそ必要のないときについても,自ら書いてくださった。

直接の恩返しにはならないけれど,そういうことを思い出しながら頑張って書いている。彼らもまた,教師になればそういう場面に遭遇するかもしれない。

久しぶりの国際会議への参加

先月末,ワシントンDCに向かいSITEという国際会議へ参加をしていた。10年ぐらい前は,年2回の国際会議での発表を自分の中でタスクとしていたが,2013年を最後に思うところあって,海外での国際会議に行くことがなかった。この間,日本での国際会議で1回発表し,実習引率のため台湾へ一回行ったのみであった。今年度は何か国際会議へ参加したいと考え,内容やタイミング的に良いのではと考えて,はじめて参加をした。
参加をして考えることは色々とあった。今後,研究をどうしていくか,それにあわせてどのように海外で発信をしていくか,そのためにはどういうスケジュールを組むのが適切か,など。最近他の研究者の話を聞いていれば,もう大学によっては国内誌の掲載は文理を問わず評価されないところが出てきている。うちの大学はどうなのかよくわからないが,今後多くの大学でもこれに近づいて行くのではないかと思っている。だから,すでに国内での学会への入会は今以上増やさないと決めた。
今回参加して,もちろん国内だからこそ議論したほうが良い問題もたくさんあるように感じる一方で,自分の分野でもちゃんと海外の動向を見ながら取り組むべき研究もたくさんあるように改めて感じた。
例えばそういうことを意識しながら,以下の論文などを書いている(ただし,国内誌なので日本向きにも書いた)つもりなのだが,きちんと海外でも発信していく必要があるだろう。
模擬授業を取り入れた教科教育法における受講者のICT活用指導力の分析
寺嶋 浩介, 小清水 貴子, 藤山 茜
教育メディア研究
22 巻 (2016) 2 号 21-31
丁度年度末の時期で,本年度どのように取り組んでいくのかを改めて考える良い機会となった。

2017年度を振り返って

恒例の年度末の振り返り。大阪教育大学へ移動して3年目が終わった。
研究については,この3年,ファーストオーサーで査読論文をなんとか書いてきたが,それが途絶えてしまった。科研費ははじめての代表での基盤研究が最終年度であった。次年度とりあえず査読論文が発行されるということで,めでたい。ここで作成されたデジタルコンテンツに関しては,その経過等を学会等にて報告してきたが,その活用評価に関する研究成果を出したい。やっていることから,どのように研究成果として出していくのか少しつかめるようになってきた。この他,研究会にて研修実践の試みを発表した。このように仕事としてやっていることを研究と結びつけるのか,切り離すのか,相変わらず悩みながらやっている。分担執筆と雑誌記事も少しだけ。アウトプットするものを絞りつつある。
大学での仕事は完成年度を迎えた次の年ということで,関わりが色々とリニューアルされた。新規に関わる授業ができたので,その調整等に手間取ったところがある。その中でも,大阪市と取り組んだ「学校教員ICT推進リーダー」の取り組みは内部ではある程度評価していただいたように思う。次年度は多くのことが移行期間に入りそうで,なかなか落ち着かない。
対外的な仕事については,相変わらず悩みの種である。非常勤講師を大手前大学,大阪市立大学で務めた。外部講師で複数以上務めたものは尼崎市,大阪市での行政での研修,丹南中学校,当初は予定されていなかったものとして北津守小学校。単発の講演の仕事もそこそこあった。行く場所は減っているけれど,改めて振り返るとなぜか回数が増えている。この他,事業の委員等での会議出席や学校訪問もある程度あった。突如入る実習校訪問との重なりが悩みの種で,これ以上は難しい。いくつかお断りすることになってきたが,次年度もさらにセーブをしないといけない。学会は日本教育メディア学会で事務局長を2年半務め,残り半年。日本教育工学会で大会企画委員長がさらに2年継続に。できるだけ仕事が重ならないように調整しているが,かかる仕事が多く,いよいよ追いつかなくなってきている。事務局長はあと半年なので,なんとか踏ん張りたい。
相変わらず,ワークライフバランスに悩みつつ,仕事をしている。もっと思い切って仕事を精査したい。この他,年齢を重ねる自分や夜間大学院(ただし実習校訪問は昼)という仕事の状況,まわりの状況から健康問題について考えさせられた。2月には人生初めてインフルエンザに罹患し,熱も久しぶりに出て(たぶん20年ぐらいぶり),仕事に支障をもたらした。その後も気管支の調子とにらめっこし,気を使いながら過ごしている。年々こういうことが増えるのかなあ。

ようやく実習校への訪問が終わる

教職大学院のカリキュラムには10単位必修の実習に関する科目がある。本年度もいよいよ終わりということで,受け持ちの6名(M1,M2各3名ずつ)の実習校(いずれもバラバラ)へ,年度終了の挨拶にうかがった。2月にまずM2の修了報告,3月にM1の1年目終了報告と2年目の計画を伝えるために。1ヶ月半の間に6校を訪問したことになる。

スケジュールの調整自体,院生に任せる所も多いが,そもそも私もある程度スケジュールが限られており,調整に難航する。なんとか期間内に終わることができたよかった。とはいえ,次は4月のヒトケタ台からスタートをきることになる。

この3月にはM2が修了するが,当たり前だが,その数日後には新M1生が入学してくる。新M2には極力早めのスタートを切れるようこの休み期間も準備してきた。教職大学院の教員をやっている以上,この仕事は永遠に続くであろう。新学期からは夜の授業日程とのバランスを取らないといけないので,気をつけたい。

研究生の模擬研修

本年度,京都府から研究生が1名私の研究室の所属し,実践研究に関する議論をこれまで進めてきた。

私たちの大学としては特に何かをしなければいけない,というわけではないのだが,何もないのも区切りをつけにくいので,今後この研究生が所属校へ帰ったときを想定し,模擬研修を実践することになった。

随分綿密に時間をかけて準備をしてきたこともあり,当日はスムーズにことが運んだ。しかしそれでも課題は残り,模擬研修の受講生役を務めたストレートマスターの大学院生は,それぞれに的確なコメントをしていた。今後,最後にこの研究生と振り返りを行うことになっているが,次にどうつなげようとするのか楽しみだ。

終了後は,私が担当の院生らが集まりM2を送り出す会。修了式後の会には出席できないので,こういう機会を持ててよかった。楽しく過ごす事ができた。夜間大学院ということもあり,昔に比べてこういう機会は減ったなあ。