担当授業を振り返って(2)

前回第1期は,非常勤時代であった。2005年に,長崎大学に採用され,専任教員として授業を担当することになった。そのときに担当していた科目を見ると,以下のような感じであった。2007年度いっぱいまでが第2期にあたる。

「マルチメディア情報処理」
「コンピュータネットワーク入門」「CG基礎」
「メディア論」「マルチメディア論」「情報メディア論」
「認知科学」
「教育方法・技術論」「ゼミナール」
「総合演習」
「情報処理入門」
「卒業研究」「専門ゼミ」
「学校教育危機管理論」

大学院
「マルチメディア演習」「マルチメディア特論」「教材開発」
「情報学特論」「情報学演習」

一言でいうと,「情報の先生」として認識されていた時期である。情報科の免許に関する科目,ゼロ免の情報メディアコースに関する科目が中心であった。講座は人間発達というところに所属しており,周りは教育学の先生らに囲まれていた。教育方法も担当の経験があったので,その流れで,教育方法も担当していた,ということになる。

確か2年目ぐらいから,担当科目が多くなり,苦労をした記憶がある。今を振り返ってみると,情報の教科専門としての採用であったが,情報の教科書などで取り上げられていることを参考に授業を行っていた。

苦労をしたのは,「認知科学」。なぜ担当することになったのだったっけ・・・。これだけはさすがに,少しだけ担当したあと,非常勤をお願いした(が,お願いしたその先生は,長崎大学に採用されたので,ちょうどよかったという偶然もありだった)。とにかく毎回の授業を回すのに必死であった。(次回に続く)

担当授業を振り返って(1)

少し前,大学のFDの一環として,公開授業参観週間のようなものが設定されていた。授業を見たり,自身の授業を他の方が参観してくださったりした。そういう経験をしながら,「もう随分と大学で長らく授業を担当してきたよなあ・・・」と思い,過去を振り返ってみることにした。

非常勤講師等の時代を含めると,あと少しすると20年の経験となることにまず驚いた。そして,様々な担当科目を担当してきたことも改めて認識した。

今回はその第1期だけ。スタートは非常勤講師としての担当であった。いくつかの大学で,主としてソフトウェアの操作に関する実習を担当させてもらった。この第1期は長崎大学へ就職すると同時に終了した。

第1期に担当した科目名だけ列挙するとこのようになっている。
「基礎情報処理」「情報処理」「コンピュータスキルズ」「情報処理」「教育方法・技術論」「制作実習(マルチメディア)」「情報リテラシー」

科目は限定されているが,最終的には結構多くの時間を担当していたような気がする。時間をかけて準備をし,しっかり教えようと意識はしたものの,キャリアのはじめでもあることもあり,どこまでできたのやら。そしてこのときに「教育方法・技術論」を担当したことはあとに大きく生きることになった。

(多分次回へ続く)

ICT活用は,日常的に取り組むことが重要

美濃加茂市伊深小学校を訪問した。(日がたってしまったので記憶が確かではないが)市の小学校は全体で9校,なかには複式学級のところもあるときく。また,外国人児童も多く,大きな課題となっている。伊深小学校は,同市の中で,ICT活用のモデル校となっている。当日公開されたのはプログラミングに関する授業。参観者は児童のプログラミング技術に着目していたかと思うが,私はその授業の内容というよりも,児童がスムーズにタブレットPCを活用していること,教師が何も言わなくても対話的に進めていること,発表が手慣れており,とても上手なことなどに感銘を受けた。もちろんこれらは普段から多くの授業において子どものICT活用が進んでいることの証拠である。

学校全体で算数科を中心に積極的に取り組んでいると聞いたが,むしろ教科学習の中で,どのように取り組んでいるのかに興味を持った。質より量,というのは言いすぎかもしれないが,教育の量的な側面は軽々しく見られるものではない。そうしたことを実感した学校訪問であった。

インタビューの面白さ

今年度から今まで研究という意味では関わりのなかった,ある研究グループに参加させていただいている。今回,この研究グループにおいて,ある方に対するインタビューが行われた。 インタビュイーに関わるライフヒストリーみたいなもので,それ自体が大変興味深かった。いつも一番不思議に思えるのは,その方がだいぶ前にも関わらず,その当時のことを自身のストーリーに乗せて詳細に報告してくださることだ。やっぱりその道のプロだからなのだろう。自分に置き換えてみると,自分がそのような立場になった際に,本当に語れるかどうか・・・その際に何を拠り所にするのかなどを考えながら聞いた(私の場合,自分の職務に置き換えると,その時の職務,研究業績,記録としてこのWebにも残している講演の経験かなと思った)。

また一人の方に対して,数名が訊ねているので,それぞれの見方からより深めるように質問がなされるので,その質問や意味付け自体も大変興味深かった。ちょうど質的データの分析について書籍を読んでいたところだったので,それとも関連をさせながら聞いたりした。インタビュアーが誰かによって,構成される世界も変わってくるよなあ。久しぶりに,研究の奥深さを実感する機会となった。が,論文になるかどうか・・・面白いけど,そこからモノになるかどうかが大事だ。

JSET2019秋季全国大会

日本教育工学会2019年秋季全国大会は,自分にとって特に思い出深い大会となった。 年間1回,3日間の大会について,2日間☓2回にした初めての大会である。大学ではない会場での実施の方針を立て,多くの会場を探したり,担当の方に相談をしたりした。今回の会場に初めて訪問した際は,ひとりで訪問をしている。会場を担当していただいた実行委員会の先生方は,準備にかなり苦労されたと思う。本当に感謝を申し上げたい。

国際シンポジウムについても,Susan先生の受け入れ対応などをおこなった。コーディネーターの望月先生,根本先生には大変なご負担をおかけした。途中から,大会企画委員会の古田先生にほとんどを取りまとめていただき,感謝しかない。当日はいち聴衆者としてみていたが,大変勉強になるシンポとなった。

あと,今回こんなことが重なると思っていなかったのだが,学会の論文賞をいただくことになった。今回のテーマで賞を取ることになるとは思わなかった。以前採録になったときには,いいものができたと思って時任くんと二人で飲んだのは結構前。多くの方に評価されて素直に嬉しい。これを機会に目を通してくれる人が増えるといいなと思う。

大会企画委員会委員長を6月まで担当し,今回終了までは同じように続けようとは思ったが,メール等連絡が遅れがちで,当時副委員長で現委員長の姫野先生を中心に相当なご迷惑をおかけした。結果,台風の脅威に怯えてこともあったが,とてもよい大会が開催された。 本学会の出席に関しては本来大学業務があったものの,職場も理解もえることができた。みなさんに感謝します。 ようやく,今度からは一会員としての参加となる。大会企画委員会,8年だったかな,よく務めたものだ・・・。