担当授業を振り返って(4)

第4期は最終回である。2015年度の終盤に大阪教育大学へ異動し,ほぼ4年間教職大学院での講義を実施してきた。

「教育研究方法演習」「教師力と学校力」「(基本学校・発展課題)実習」「実践課題研究」「ICT環境の活用」「学習指導の実践的展開」「教育評価の理論と方法の実践的探究」「ICT教育の推進」「授業におけるICT活用の理論と実際」「メディア・情報リテラシーの実践的展開」

この他「教育方法論」を非常勤として実施しており,未実施の予定科目として「メディア・情報教育の企画・運営」というものがある。4年の間でも,ある科目をはじめたり,その代わりある科目は終わったものもある。大阪教育大学に異動してきたときは,特にICT活用に関しては求められていなかったのだが,そうした科目を担当してきたこともあり,現在へとつながった。

本大学の教職大学院では,今まで以上にティームティーチングが求められることになった。現在これをいかに効果的に行うかがひとつの課題となっている。

4回にわたってまとめてきた授業担当経験について,ここで一旦閉じたいと思う。振り返って書いてみて,これまでやってきたことが,年月をかけて統合されていったことがわかる。またこれらの内容は研究とも大きく関係するのだなあと思う。このような形で今後進んでいくのか,第5期にあたる転換期はあるのか,また時が過ぎれば答えは出るだろう。(おわり)

担当授業を振り返って(3)

予想通り?その後記事は途絶え,年が明けてしまった(しかも半月たっている)。

話の続きは,第3期となる。2008年度以降となる。この2008年度から,長崎大学では教職大学院が立ち上がり,私は専任教員の一人となった。新規には,以下の科目を担当するようになった。いわゆる情報から教育関連のものにシフトしたのがこのときであった。

学部
「ICT教育法」「情報社会と科学」「教職実践演習」(第2期か第3期で一瞬「情報科教育法」を1年担当)
「教育工学/教育方法学」「教育方法学」(非常勤)
大学院
「教育の方法と評価」「授業研究の理論と実際」「ICT活用実践」「学校実習」「実践課題研究」「インストラクショナルデザインとマイクロティーチング」

他にもあったかもしれないが,記録には残っていない。一見,科目は少ないのだが,第2期に取り組んだものの多くは継続をしているうえで第3期の科目を担当している。そして程なく学部も改組され,小学校教育コースにICT活用実践専攻というものが創設され,そのメンバーとして講義も取り組んだ。

大学院が主であったが,例えば,「教育の方法と評価」と言っても,IとIIという科目があり,Iがストレートマスター,IIが現職教員対象の科目であった。加えて,途中からIが(初等)と(中等)という講義にわかれ,一つの名前で週に4回行っていたものもあった。講義準備もままならず,毎週どのように進めるか思案・・・いや思案する暇もなかったかもしれない。今となってみると,よく頑張ったと思う。科目が少しずつ増えながら,2014年まで続いて異動をすることになった。第2,3期に担当していた科目はその後,3名の先生方に受け継がれていくことになった。

それにしても,振り返ってみるとよく頑張ったと思う。ある意味,授業者としての幅を広げてくれた時期であった。

(次回へ続く)

担当授業を振り返って(2)

前回第1期は,非常勤時代であった。2005年に,長崎大学に採用され,専任教員として授業を担当することになった。そのときに担当していた科目を見ると,以下のような感じであった。2007年度いっぱいまでが第2期にあたる。

「マルチメディア情報処理」
「コンピュータネットワーク入門」「CG基礎」
「メディア論」「マルチメディア論」「情報メディア論」
「認知科学」
「教育方法・技術論」「ゼミナール」
「総合演習」
「情報処理入門」
「卒業研究」「専門ゼミ」
「学校教育危機管理論」

大学院
「マルチメディア演習」「マルチメディア特論」「教材開発」
「情報学特論」「情報学演習」

一言でいうと,「情報の先生」として認識されていた時期である。情報科の免許に関する科目,ゼロ免の情報メディアコースに関する科目が中心であった。講座は人間発達というところに所属しており,周りは教育学の先生らに囲まれていた。教育方法も担当の経験があったので,その流れで,教育方法も担当していた,ということになる。

確か2年目ぐらいから,担当科目が多くなり,苦労をした記憶がある。今を振り返ってみると,情報の教科専門としての採用であったが,情報の教科書などで取り上げられていることを参考に授業を行っていた。

苦労をしたのは,「認知科学」。なぜ担当することになったのだったっけ・・・。これだけはさすがに,少しだけ担当したあと,非常勤をお願いした(が,お願いしたその先生は,長崎大学に採用されたので,ちょうどよかったという偶然もありだった)。とにかく毎回の授業を回すのに必死であった。(次回に続く)

担当授業を振り返って(1)

少し前,大学のFDの一環として,公開授業参観週間のようなものが設定されていた。授業を見たり,自身の授業を他の方が参観してくださったりした。そういう経験をしながら,「もう随分と大学で長らく授業を担当してきたよなあ・・・」と思い,過去を振り返ってみることにした。

非常勤講師等の時代を含めると,あと少しすると20年の経験となることにまず驚いた。そして,様々な担当科目を担当してきたことも改めて認識した。

今回はその第1期だけ。スタートは非常勤講師としての担当であった。いくつかの大学で,主としてソフトウェアの操作に関する実習を担当させてもらった。この第1期は長崎大学へ就職すると同時に終了した。

第1期に担当した科目名だけ列挙するとこのようになっている。
「基礎情報処理」「情報処理」「コンピュータスキルズ」「情報処理」「教育方法・技術論」「制作実習(マルチメディア)」「情報リテラシー」

科目は限定されているが,最終的には結構多くの時間を担当していたような気がする。時間をかけて準備をし,しっかり教えようと意識はしたものの,キャリアのはじめでもあることもあり,どこまでできたのやら。そしてこのときに「教育方法・技術論」を担当したことはあとに大きく生きることになった。

(多分次回へ続く)

ICT活用は,日常的に取り組むことが重要

美濃加茂市伊深小学校を訪問した。(日がたってしまったので記憶が確かではないが)市の小学校は全体で9校,なかには複式学級のところもあるときく。また,外国人児童も多く,大きな課題となっている。伊深小学校は,同市の中で,ICT活用のモデル校となっている。当日公開されたのはプログラミングに関する授業。参観者は児童のプログラミング技術に着目していたかと思うが,私はその授業の内容というよりも,児童がスムーズにタブレットPCを活用していること,教師が何も言わなくても対話的に進めていること,発表が手慣れており,とても上手なことなどに感銘を受けた。もちろんこれらは普段から多くの授業において子どものICT活用が進んでいることの証拠である。

学校全体で算数科を中心に積極的に取り組んでいると聞いたが,むしろ教科学習の中で,どのように取り組んでいるのかに興味を持った。質より量,というのは言いすぎかもしれないが,教育の量的な側面は軽々しく見られるものではない。そうしたことを実感した学校訪問であった。