kostera09 のすべての投稿

オンデマンドコンテンツの準備をめぐって

あるところでオンデマンドコンテンツを作成しなければいけないことになり,この1ヶ月,その内容をどうしたものかと悩みはしたものの,ギリギリに完成させることができた。

個人的には,何らかの対話的な学習と合わせるブレンド学習でないと,オンデマンドコンテンツを与えるのは難しいと,昨年度さらに実感をしたところである。質の高いものを作っているひともいるのだろうけど,私を含めた多くの人には難しいものだと思う。学校現場の研修も聞くところではオンデマンドコンテンツの利用によるものが増えているそうで,こうした流れは長い目で見たときに,ICT活用に暗い影を落としそうだ。

さて,今回のオンデマンドコンテンツの作成に関するオーダーは,完全なるオンデマンド(対面との組み合わせなどの工夫は考えられない)ものであった。時間も決められていた。そこでまず,「学習者が考える時間」を計画的に確保することにした。時間いっぱい,講師が話している映像は見るほうが大変だから。NHK for Schoolでも10分番組なのに,それ以上耐えうる内容で,それより長いものを作れるはずがない。ただし,作ってみると,結構長い時間になったりして,申し訳なく思った。

その次に,対話的な学びをオンデマンドコンテンツでは用意できないので,ゲストに登場してもらい,対話で進めたいなと思った。しかし,そもそも依頼(所属長含めて)や謝金の処理,打ち合わせに膨大な時間がかかると思うと,短い時間の中では諦めざるを得なかった。

その代案ではあるが,受講生に与えた演習課題を先んじてある人たちに考えていただき,その人たちがどう回答したのかを出すことで,受講生がひとりで考えたことを,出てくる回答と比較できるようにした。できそうなところとしてはこんなところだろう。協力いただいた方々には感謝申し上げたい。

オンデマンド教材の作成は準備が長くかかる分,頑張った感が(作った側には)得られやすい。一方,受講者側の満足感は,得られにくい。オンライン学習に関わる議論がもう一段階上に行くとよいのだけれど。

緊急事態宣言の延長

緊急事態宣言が延長された。色々と打ち合わせをしていくと,「現地訪問」を勧められることが多く,なかなか悩ましいところだが,私としては大学が提示している状況も見て,すべてオンラインにしている。

健康・安全に勝るものはない。引き続き,気をつけたい。

できないタスクリストよりも,できたことを振り返る

忙しくなってくると,メールやタスクリストを眺めてはため息・・・ということを日々繰り返しているが,最近では少し考え方を変えるようにした。

毎日寝る前などに,「今日は何が行えたか」ということを振り返ることにしている。すると結構,あれやこれや浮かんでくるものである。予定していたことはできなかったかもしれないけど,少しはできていることを実感することができ,気持ちが和らぐところがある。

さすがに「タスクリストの作成をやめましょう」とはいえないが(もしそんなことやったら忘れまくりである),これとは別に「やったこと」を最近は残すようにしていて,これはなんとなく良いのではないかと思っている。私の場合,研究と授業準備などに分け,次に何をするのかもメモすると,次やる作業も可視化される。

ということで,先もわからず,天気が悪い日も多いですがみなさんがんばりましょう。

教育実践研究でのアクションは何に基づいて判断するか

教職大学院等で,実践研究について議論をする機会が多い。実践研究の特徴としては,あたり前のことだが,何らかのアクションを伴う,というものがある。学校現場の実践において,取る手立ては無数に考えられるだろう。
その取る手立ての判断としては,以下のような情報があるとよいだろう。

1.理論や先行実践
2.データ
3.組織としての意思決定

1は何らかの先行研究や先行実践に基づき行うというものである。2は実際の現場のデータがあり,それに基づいてアクションをする場合である。3は自ら考えて行おうというものではなく,現場のみんなと話し合い納得する形で進めるというものである。いずれにも基づいていないと怪しく,全部満たしていることが望ましい。できれば,3は行うが,その際に1や2があることが重要ではないだろうか。

科研費採択

新年度に入り,調整事項等で日々過ごしている。

この中,ひとつ明るい話で言えば,代表となっている科研費基盤(C)が採択されたということである。本年度から4年計画。

ICT推進リーダーの研修の企画・運営を支援するためのオンラインジョブエイドの開発

昨年度末まで,集合研修の転移についての科研費をもらっていた。それを探っていくと,そもそもの研修のあり方や制約が気になった。もちろんこのコロナの関係で,思うように研修が進められない,という現状にも出会った。

そこで学校の先生が,学校等にいながらにして,ICT活用のことを勉強し,学校での普及推進を展開できるようなWeb上のプログラム(ここではオンラインジョブエイドといっている)を開発することにした。幸い,様々なビデオ等が公開されているので,それらを有機的に位置づけるという教材構成を考えている(独自にビデオを作るとかそういうはなしではない,ということ)。

特に今年度は業務等が大変なのだが,少しずつ進めていきたい。

科研は,採択されたときよりも,落ちたときのほうが印象的で,若い頃かなり苦しんだ記憶がある。それが蘇る。しかし今回もなんとか採択していただいた。年度初めに良いニュースであった。