kostera09 のすべての投稿

日本教育工学会春季全国大会

先日,日本教育工学会春季全国大会に以下2本の発表に関わった。前者の自主企画では,3年間続いた科研の総括となった。大学のFDに関わる方が結構いらっしゃっていたのが印象に残った。大会運営にも関わる時任くん忙しいにもかかわらず,私を元気づけるため(?)に提案してくれた自主企画の取り組みであった。感謝したい。最後に論文化し,まとめたい。

寺嶋浩介・泰山裕・時任隼平・藤井佑介(2021) 教員を対象とした集合研修の研修転移を検討する 日本教育工学会2021年春季全国大会 自主企画セッション 研究代表者,話題提供者(オンライン,2021年3月7日)『日本教育工学会2021年春季全国大会講演論文集』 pp.581-582.

姫野完治・長谷川哲也・益子典文・川上綾子・寺嶋浩介・霜川正幸・ 土田雄一・植田達也・生田孝至(2021)学校と大学で教師教育に携わった経験を持つ実務家教員の「教師教育者としての認識」の形成と変容 日本教育工学会2021年春季全国大会 (オンライン,2021年3月6日)『日本教育工学会2021年春季全国大会講演論文集』 pp.101-102.

藤木先生最終講義20210306

この日は本学の業務の予定であった。しかし,担当を免除していただけることになった(感謝)。本来はもともと出席できなかった予定であった日本教育工学会春季大会へ・・・というところになるのだが,藤木卓先生(長崎大学)のご定年に伴う最終講義となる講演会が催されたので,そちらに出席させていただいた。本来は,長崎へ,というところなのだろうが,これもまた,オンラインで。

長崎大学では約10年間過ごした。この間,一番お世話になったのは間違いなく藤木先生である。最終講義ということで,当然教え子のような方たちが参加をするのだが,顔ぶれを見てみると,半数以上は知っている人だったと思う。中には藤木ゼミの卒業生,というよりも長崎の教育現場でご一緒したかたも多くおられた。

中学校の先生だった藤木先生は,長崎大学で32年間過ごされたそうだ。私がいたときのことはまた別途書きたいと思うが,藤木先生がちょうど博士号と取られたときぐらいに着任をし,学部長になられた初年度の途中で退職をすることになった。研究を一番精力的に進めておられるときにご一緒させていただいたことになる。

講演会においては博士号を取られるまでの苦労,一連のご研究,学部長,理事等しての取り組み,技術科学習指導要領への関わりなどが話題となっていた。教育工学会系の研究についてはある程度は存じているつもりであったが,技術科での取り組みのことはあまり知らなかった。また,学部長や理事としてのご活躍はほぼそばにいたわけではないので,そのご苦労をはじめて知った。本来なら,このときこそ何か貢献できることがあったのではないかと申し訳ない気持ちになった。

私が聞いていることはわかっていただいていたようで,呼びかけても頂いたが,まわりの方々も含めて,今度は直接お会いして,お話したいなあと思った。自分の研究者人生の中では,間違いなく大きく影響を受けた方のひとりだと思う。

本当に出席できてよかったと思える1日だった。案内をしてくださった倉田先生に感謝。

[本]科学的な教育研究をデザインする

科学的な教育研究をデザインするという訳書を読んだ。本書は教育研究における研究方法論について論じたものであり,訳者の紹介によれば,修士課程や博士課程の大学院生を対象にしている書籍のようである。

内容については,科学的研究とは一体どういう性格を持つものなのか,何が守られるべきなのかなどについて示されているうえで,教育研究の特徴が示されている。さらに,教育研究においてどのような研究計画をたてるのが良いのか,枠組みに基づき,実例が挙げられている。本書のキーワードはEBPM(Evidence-Based Policy Making)であり,この視点からの教育研究がどうあるべきかについて示されている。

読み慣れないと難しいところがあるが,よく読むとその主張は理解できるし,研究計画の枠組みが参考になり勉強になる。アメリカで発行されている書籍であるが,読んでみるとアメリカの教育研究のコミュニティの大きさが浮かんで見えてくるので,日本の片隅で研究を進めるものとしては,どうしても比べてしまったり,自分には何ができるのだろうか・・・と少々落ち込んでしまった。

[本]スマホ脳

昔はメディア論などという授業も担当していたが,教職関係の授業を担当することが多くなってくることに従い,メディア関係の本を読むことが少なくなった。しかし最近ICT活用関係だけでなく,情報教育に関係する授業担当をすることもあり,少しはまた読むようになった。スマホ脳という本が話題となっていたので,手にとってみた。

本書は,スマホがどのように私達の生活に入り込んでいるか,また使わざるを得ないように仕組まれているか,その心理的な側面などを描いている。また,それにより睡眠時間の減少や精神についてストレスがかかっているようなことについても述べられており,ちょっと読めばあまり使わないほうが良いだろうな・・・と思わせてくれる。

巻末には「デジタル時代のアドバイス」をコンパクトにまとめており,参考になる。

ちょっと書きすぎかな・・と思いつつも,本書から自分でどう付き合うかを考えてみたり,学校場面では他の人ともに考えたりしてみるも良し,批判的に振り返ってみるのも良いかもしれない。やみくもに受け入れるよりも,いつ,どう使うかということを本書を通して考えてみたい。

私個人で言えば,こうした本に目を通すこともあったりして,最近(ここ半年くらい)はできるだけ避けるようにするようになった。それは良いのかどうかということで言えば,自分にとっては良かったのではないかと思うが,皆さんはどうだろうか。街に目をやると,確かに使いすぎのようにも思うが。

日本教育工学会自主企画の予定

3月6日,7日に行われる日本教育工学会全国大会において,自主企画セッションを行うことになった。

タイトルは,「教員を対象とした集合研修の研修転移を検討する」である。私達の研究グループで構築したモデルの紹介,それを考慮した上での教員研修転移に関する分析,研究を踏まえての提言などを行う予定としている。

一般研究発表と並行して,3月7日(日)10時40分〜12時10分に開催されるが,もしよろしければご参加ください。詳細はこちらから。オンライン開催ですが,学会へ参加するための申込みが必要です。