「本」カテゴリーアーカイブ

[本]科学的な教育研究をデザインする

科学的な教育研究をデザインするという訳書を読んだ。本書は教育研究における研究方法論について論じたものであり,訳者の紹介によれば,修士課程や博士課程の大学院生を対象にしている書籍のようである。

内容については,科学的研究とは一体どういう性格を持つものなのか,何が守られるべきなのかなどについて示されているうえで,教育研究の特徴が示されている。さらに,教育研究においてどのような研究計画をたてるのが良いのか,枠組みに基づき,実例が挙げられている。本書のキーワードはEBPM(Evidence-Based Policy Making)であり,この視点からの教育研究がどうあるべきかについて示されている。

読み慣れないと難しいところがあるが,よく読むとその主張は理解できるし,研究計画の枠組みが参考になり勉強になる。アメリカで発行されている書籍であるが,読んでみるとアメリカの教育研究のコミュニティの大きさが浮かんで見えてくるので,日本の片隅で研究を進めるものとしては,どうしても比べてしまったり,自分には何ができるのだろうか・・・と少々落ち込んでしまった。

[本]スマホ脳

昔はメディア論などという授業も担当していたが,教職関係の授業を担当することが多くなってくることに従い,メディア関係の本を読むことが少なくなった。しかし最近ICT活用関係だけでなく,情報教育に関係する授業担当をすることもあり,少しはまた読むようになった。スマホ脳という本が話題となっていたので,手にとってみた。

本書は,スマホがどのように私達の生活に入り込んでいるか,また使わざるを得ないように仕組まれているか,その心理的な側面などを描いている。また,それにより睡眠時間の減少や精神についてストレスがかかっているようなことについても述べられており,ちょっと読めばあまり使わないほうが良いだろうな・・・と思わせてくれる。

巻末には「デジタル時代のアドバイス」をコンパクトにまとめており,参考になる。

ちょっと書きすぎかな・・と思いつつも,本書から自分でどう付き合うかを考えてみたり,学校場面では他の人ともに考えたりしてみるも良し,批判的に振り返ってみるのも良いかもしれない。やみくもに受け入れるよりも,いつ,どう使うかということを本書を通して考えてみたい。

私個人で言えば,こうした本に目を通すこともあったりして,最近(ここ半年くらい)はできるだけ避けるようにするようになった。それは良いのかどうかということで言えば,自分にとっては良かったのではないかと思うが,皆さんはどうだろうか。街に目をやると,確かに使いすぎのようにも思うが。

[本]Excelで今すぐはじめる心理統計

授業の関係で,長らく研究方法論や研究手法に関する書籍には継続的にチェックをしている。

今年度から,他の担当の先生と話し合い,授業でHADを取り入れることになった。フリーなのだけれど,本当に色々と活用できる素晴らしいソフトで,マニュアルも充実している。

ただ初学者は,どういう分析があるのかを知った上で,利用するという意味では他に書籍が必要となる。

本書でははじめにカバーしたい統計分析の手法について説明されており,HADを利用したやり方もあわせて説明してくれているので,とても便利なものとなっている。ソフトウェアの使い方だけではなく,どういう分析かということもかかれているので,かなりお得な1冊だと思う。

[本]教育委員会が本気出したらスゴかった。

本書は,3月からはじまった一斉休校時に,4月15日から小・中学校においてオンライン授業が展開された熊本市がどのような取り組みを行ったのかがまとめられている。開始までの45日間をどのように準備をしたのか,どのように実施されたのか,なぜできたのかなどについてまとめられている。非常にわかりやすく書かれているので,誰でも読めるようになっている。

本書を読んでみると,熊本市がこのようにすすめることができた秘訣として,いち早く準備に入っていること,トップダウンで入ってはいるが,信頼した上で現場に大きく委ねている部分があること,かつては熱心に取り組んできた歴史性があること,(これは私の見聞きしたところとも合致するが)ICTとは関係ないところでの授業づくりに熱心な風土,というのがあるのだと思う。

自身の記録をたどってみると,2016年に熊本市のある学校を何度か訪問をしていた。先生方は熱心であるが,いかんせんICT関係はまるで環境がなかったことを記憶している。だから,昨今の熊本市の取り組みを聞いていても本当に進んでいるのかどうかイメージが沸かなかったが,着々と進めてこられた様子がよくわかった。

本書からは,オンライン授業のイメージにも実際に触れることができる。ずっとオンラインで接続しているわけではなく,1日の一部ずつを学年別などで工夫を凝らして行っている。一般的にイメージされているものとは少し異なるので,こうした点からも大変参考になる。
現在再び緊急事態宣言に入るところが増えてきているが,学校はそのまま行われる流れとなっており,これまで言われてきたものと同じオンライン授業であれば,そのニーズはさほどなさそうである。このような中で熊本市が今回の成果を他の授業に生かしていくのか,注目したい。

デジタル・ミニマリスト

デジタル・ミニマリストという書籍を読んだ。本書は,人々はスマホ,中でもSNSに過剰に依存をしていることをとらえ,なぜ依存をしているのか(そこにはある仕組みがあることを書いている),そこから解放されるためにはどう考えればよいのかについて書かれている。

著者は多くの人が依存をしているという認識がそもそも薄いということから,そこから抜け出すための重要性や意義を問うている。それに加え,スマホやSNSとの付き合い方をどうコントロールするかについて,多くの人の事例をもとにしながら,いくつかの原則を列挙している。

やはり自分もこうした側面があることについて気にかかっており,それは特に休日に意識化される(日曜日のスクリーンタイムの集計がやってくるから)。また,自宅にいる時間が長くなったのもその要素としてあるだろう。本書を読むまでも,たまにFacebookから長く離れるなど,自分なりに実験をしてきた。

本書を読んでみて,技術的にいくつか工夫できる点に気がついた。またやってみなければ始まらないので,自分なりにメディアを避ける実践を少し実践をし始めてみた。そもそもこういう実験を面白いと思えるし,研究にもつながるかなと思うので,大きなストレスは特にない(が,若干気にかかる・・・)。こういう感情を大切にしたい。

本書にはたくさんの事例があるが,結論は自分で参考にしながら工夫すること。スマホそのものの活用だけではなく,それ以外の活動(空き時間など)をどうデザインするかの方にむしろ自分の課題を感じた。