ED-Media2006での研究トピック

今回参加した人なら誰でも取り上げるキーワードがGameであろう。去年なんかは全くなかったように思う。もうひとつ自分が気になったキーワードはhigh order thinkingかな。それらのための理論構築→システム開発系が多い。いわゆるデザインと評価であり,記述的研究は少ない。発表の中でちゃんと評価に触れているのも少ない。やっちゃったもんがちか?

研究トピックになることはなんとなくわかるのだが,今の自分の持ちえる状況とかリソースで取り組むには限界がある。本来であれば,国内学会のものを国際会議に持っていくのが常套手段だが,今自分がやっていることを考えると難しいので,それなりの対策を立てる必要があると思う。さて,今後どうしていこうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください