京都外国語大学での研修

またしても移動中に書くことになった。使用機到着遅れで未だめどが立っていない・・・。書き放題である。

昨日,京都外国語大学を訪問した。私はここの国際言語平和研究所というところで,2003年度から2年間,研究員としてお世話になっていた。今回は,大学でアクティブラーニングが実践できる部屋を補助金により完成させたので,そのお披露目を兼ねて研修を行うということであった。紹介される実践や,部屋の利用についてコメントをしてほしいということであった。私だけではなく,研究室の後輩がたくさん大学にはお世話になっているし,外大に恩返しするのはまたとない機会。喜んでお引き受けした。

研究員の岸さんが数多くの交流授業を報告された。ただ彼女が報告するのではなく,それに参加をした学生が発表をして紹介をしてくれた。実践自体素晴らしく,しかもそれを通して学生が成長したんだなということを私からも実感できた。これはさすがとしか言いようがなく,今後も継続されると面白いなと思った。

私からは,活動レベルから大学の授業システムまで,個人でやりやすいものと協働しないと難しいものがあるので,できるところからやって行きましょうということ,実施する際には,教員の環境整備だけでは限界があるので,今回お披露目された学習環境をうまく活用しましょうなどということを伝えた。普段,大学教育にコメントする機会はあまりないのだけれども,小中学校の場と比較的似ているところがあるような気がした。

博士号を取り,どこへも行き場がない不安なとき,京都外国語大学に拾っていただいた。この2年間がなければ今の自分はない。今後も何かのかたちで恩返し出来ればと思う。今回は梶川先生をはじめ,懐かしい方々にたくさんお会いすることができた。楽しい旅だった。

さて,使用機材到着遅れのため,飛行機の出発が95分遅れるとのこと。今月は土曜日は全て無かったというのに…日曜日返して下さい。

赤松小学校公開研に参加

佐賀市立赤松小学校の公開研究会に参加した。自分自身もタブレット端末を活用した授業を見かける機会があまりなく,実際に参加するには間違いない学校だと思ったからだ。また,学生にも見てほしかったので,車2台,計7名で佐賀に向かった。

授業は国語と社会のふたつが公開されており,タブレット端末は時に発表用資料として,資料制作として,振り返りのためのツールとして,電子黒板とも連動して使われていた。みんなが一律に活用すると言うよりも,グループで複数台を使うというスタイルであった。メディアを利用するかどうかという次元ではない「情報教育」を展開しやすい環境なのだろうと思った。さて,こうした実践が普及していくだろうか。

授業自体の研究会終了後,中川先生@放送大学と山本先生@熊本の対談が行われた。おふたりともひとつの主張に対する引き出しがものすごく多く,説得力があった。

帰り道,学生に感想を聞いたところ,活用のイメージが少し湧いてきたということだった。連れて行ってよかった。このような方面からさらに活用の可能性を考えて欲しいと思う。

関東にて卒業生と再会

最近は,どこかの先生のように,飛行機の待ち時間しかこのサイトに書く時間がなくなってしまった。

先日,東京へ行った折,卒業生と再会することとなった。

寺嶋ゼミの卒業生はおよそ30名。このうち約3分の1は,関東で仕事をしている。

SE等情報関係で一般の会社に勤めているもの,故郷から離れ,都市部で教員になったものなどがいる。

長崎が地元でない学生も多いので,卒業すると長崎に戻る機会があまりないものもいる。

そこで,ある卒業生が音頭をとってくれて,久しぶりに出会う機会が実現した。

1期生から5期生までそろったので,はじめはお互いの顔を知らない卒業生もいたが,

長時間にわたって楽しい飲み会になった。

卒業をして数年経つと,結婚したり,転職をしたりなど,ひとつ人生の転機を迎えた学生もいる。

地元から離れてその土地で生活をするというのは,私も経験しているが,それなりに悩みとも向き合わねばいけない。

できれば,卒業生どうしでつながって,これからも交流して貰いたい。

またこういうことが出来ればいいな。楽しかった。とにかく元気で毎日過ごしてほしい。

こういう人の成長を見れる機会に出会うと,教育に関する仕事をしていて本当に良かったと思う。

指導助言者の難しさ

先週,「指導助言者」としての役割である学校を訪問した。これでもう数度の訪問となる。

授業者は相当時間を使って,準備をされていた。しかし,授業としては先生の話し過ぎで一方的なものだった。

おそらく,外部から来た人を含む参観者もそのように思っただろうと思う。

事後研究会においては,あまり意見が出てこず,私の番となった。

指導助言者等になってはじめて,かなり厳しくコメントしたと思う。

それは,特に外部に公開されていたものだったからだ。授業者本人と言うよりはむしろ,この日を迎えるにあたって,研究推進委員会としての準備のスタンス,管理職のその日のとらえ方,そして私の事前の指導助言が大いに甘かったと思う。授業者との共通理解もとれていなかった。

研究会が終わってからは,校長,教頭,研究主任,授業を実施された先生方らと少し話し合うことができた。まわりの多くの方がフォローしてくださった結果,学校として次へのステップに前進できたのではないかと思っている。授業をされた先生は校内の期待を背負っておられる先生。研究推進役として引っ張る存在になってほしいとも思う。

自分としては今回のことを振り返って大いに反省をした。そしてまだ,実は他にも方法があったのではないかと思い悩んでいる。

その場での行為はそれ以外に方法がなかったのか,継続して訪問している学校なのだからもっと早くやっておいたほうが良かったことはなかったのか,当日頑張って授業をされた先生への配慮が足りなかったのでは,今後授業をされる他の先生への影響,など考え出せばきりがない。

完璧なセオリーは存在しないが,自分も指導助言者として成長できるように勉強を続けたい。

JSET大会企画委員会

日本教育工学会(JSET)の大会企画委員を拝命している。

前年度開催校だからということで入り,そのまま継続となっている。

次年度は秋田大学で行われていることになっているが,今日はプログラム等について議論された。

今度は開催地でないけれども,課題研究のコーディネータ等を行うことで協力をしていくことになる。

大会開催というのは,その大学に大きな負担がのしかかる。

前年度担当校として,仕事を円滑にしたり,負担を大きくかける事のないようも応援もしたい。

秋田大学の9月開催の折は,センター協議会もあるので,4泊か5泊することになりそう。これは,大変だ。