「仕事」カテゴリーアーカイブ

大学院連合教職実践研究科に配置換え(20150401)

4月1日,多くの方々が他大学へ異動していく中,1月にすでに大学に大阪教育大学に異動済みの私は配置換えとなった。念の為に書いておくと当初からの予定通りで,もともとまだ組織のないところに着任をし,活動をしていたので,このようになった。3ヶ月ぶりに再び学長から辞令を頂いた。前回はひとりであったが,今回は同じ研究科へ着任,配置換えになる先生方,新しく着任される大学の他の組織の方や附属学校の先生方もいらっしゃったので,相当な数に上った。森田研究科長のもと,いよいよ大阪教育大学の教職大学院がスタートすることになる。スタッフは18名。小さいがひとつの部局となるそうだ。

辞令交付のあとは,学長訓示。大阪教育大学の歴史,目指すところや,現在おかれている状況などをうかがった。教職大学院も,重要な位置を占めることになる。教員養成を請け負う中核大学であることも実感した。

午後からは研究科全体の会議やコース別,委員会別の会議が立て続けに行われた。私は,引き続き実習関連の業務等に携わる。あと,人数は少ないが教育実践力開発コースのコース長をお引き受けすることになった(まさかそんなことになるとは・・・)。会議には準備をして挑んだが,もう少し準備をすればもっと進められただろうか。今後も,効果・効率的な運営を考えていかなければいけない。

来週には第1期の入学生を迎え,オリエンテーションが行われる。授業もスタートしていく。準備をすることがいっぱいある。はじめての組織の中で手探りであるし,失敗もあるだろうが,良い大学院を作るため,貢献していきたい。

2014年度を振り返って

年度末恒例の振り返り。

まずは研究。質的な向上を図ることを目指していたが,査読論文についてはパブリッシュにこぎつけられなかった。結果なので,それは仕方ないと思う。科研(ICTと教員養成)の関係で,紀要が一本。まだ印刷に回っていない分担執筆が一本。構想通りに進められた点では成果だけど,もう少しできた状態にしたかった。またタブレット端末の書籍は,このブログに結構アクセスがある。結構注目されているのかな。授業設計マニュアルの新板にも関わらせてもらった。学会はこれまでのものを継続して3つの学会で口頭発表。発表はこれで限界だと思う。国際会議は封印中。論文は,投稿はしたが,常に何か書いている状態にはしたいと思う。とはいえ,未だ未提出の原稿と格闘中。新年度は,借金返済に向けて頑張ります。

教育。膨大に増えた長崎大学での授業を何とかこなすのに精一杯だった。特に前期は,常に頭のなかで授業の展開ばかりを考えていた。いったんリセットだ。来年度は新しい授業や指導が始まるが,まずはとりあえずやってみることで,できるだけ身軽に行きたい。長崎での非常勤が課題だけど。

地域貢献など外部の仕事。継続して関わった学校が,3校。少し現場の事情などにも応じられるようになっただろうか。異動の関係もあり,例年より講演の機会は少し減った。2年間やってきたLTEは細々と続く(?)学会の委員会などが増えており,仕事自体にクオリティが落ちていると思う。自身の責任範囲を考えさせられる。

今年度は,長崎での仕事をたたみながら,次のことを考える1年であった。そんな中で,なんだかふわふわした1年だった。でも,これからのことをかなり考えた1年でもあった。でも,考え過ぎかも。来年度は軽やかに新しい生活を楽しみたい。

次のステージに進みます。

大学教育の取り組みについてコメントする(20150323)

昨日ある大学に訪問をした。偶然が重なり,この大学が取り組んでいる某プログラムの外部評価者として声をかけていただいたためである。

私も大学に所属をする身なのであるが,高等教育での組織的な取り組みについてはあまり良く知らない(多少,実践研究の発表経験等はあるが)。しかし,何故か年に数回,FDで講師として呼ばれたりなどすることがある。

現在の大学教育のひとつのキーワードは「アクティブラーニング」であることは,誰の目から見ても明らかである。初等中等教育の現場において総合的な学習の時間に関する取り組み,ICT活用については色々と見てきたので,その立場から当大学のプログラムへの取り組みについていくつかコメントをさせていただいた。

アクティブラーニングという言葉は,今初等中等教育においてもキーワードとして取り上げられるようになった。しかし,言葉に左右されることなく,過去に行われたり,述べられたりしてきた考え方を大切にしながら,学校の段階を問わず,教育実践(研究)に関わっていきたい。少なくとも今の大学教育においては,初等中等教育でこれまで進められてきた実践研究がかなり参考になると改めて思った。

現職教員院生のモデルケース(長崎大学大学院教職実践専攻発表会20150213)

またしても,長崎大学に赴いた。今度は大学院の実践研究報告会に参加をするためである。

今年度修了予定生は1名担当をしていたので,その最後を見届けるためにやってきた。この大学院生は,2年プログラムの小学校教員の院生である。1年目は大学院にはりついて勉強できたが,2年目は勤務校で通常の勤務をしながら,学校終了後,遠い佐世保にもかかわらず,何度も大学に出てきてもらい進捗状況を確認した。

タイトルは以下のとおり。

21世紀型の資質・能力を育む総合的な学習の時間のカリキュラム開発方法〜ワークショップ型研修の実践を通して〜

2年目に学校で実践することを想定し,総合的な学習のカリキュラムを学校全体でどのように開発していくかを提案,それを実践した。1年目は総合的な学習について,実習やプラスアルファでかなり足を運びつつ丹念に調べ,戦後社会科などの文献にもあたり,総合的な学習のカリキュラム開発に必要な要素をチェックリストとして抽出した。2年目は,そのポイントを学校内に浸透させ,総合のカリキュラムを見直していくということを総合的な学習の主任の立場から,ワークショップ型の校内研修を行い,それを指揮した。時間は限られているので満足行かなかった点もあるかもしれないけれど,本当によく頑張られた取り組みだったと思う。私も安心して(?)途中で異動できた。修了後も,教職大学院出身として誇りを持ち,現場で頑張っていただきたいと思う。

指導側としては,これまで私と一緒に担当してきた田中先生,私の異動に伴い色々とサポートしていただいた井手先生に感謝したい。

発表全体については,これから私も引き続き大教大の教職大学院に所属をするので色々と考えさせられた。みんなそれぞれ頑張っているが,特にストレートマスターおよびその指導教員の「教育実践研究」への考えの差がすごく見て取れる発表だった。どれが良い悪いというよりも,議論しながらひとつの方向性を持っていく必要があると思った。大教大ではそれが始まっていて良い議論になりつつあると思うので,大学としての独自性を出していければ良いかなと思う。

発表前後では,色んな学生・院生や元同僚にたくさん声をかけてもらった。本当にありがたい。ここでの出会いは一生の宝である。数名から,「来年も是非来てください」と言われたが・・・はてさて。

産官学連携の成功(多久市立小中一貫西渓校最後の訪問):20150209

多久市立小中一貫西渓校を訪問した。同校は2年間DISスクールイノベーションプロジェクトの指定を受けた学校である。大きな大会は,11月にすでに終わり,今回はまとめの会となった。私の異動があり,行けるかどうか分からなかったのだが,調整により指定された日が たまたま空いていたので助かった。

会は,このプロジェクトの関係者による協議会が前後に入る形で,中学校社会科の授業公開が1本,その検討会とともに入った。授業自体は,課題が上がるもので,検討会においては積極的に議論がなされた。協議会においては,ダイワボウの方から,本校の先生方へのアンケート紹介やログ分析の結果などがあり,成果を積み上げていったことが数字からも分かる形となった。私からは,本校の成功要因について触れつつも,エビデンス積み上げという点では課題が残ること,小中連携の授業についての情報交換・授業研究がさらに必要となることを指摘した。

行く度に改善を重ねる,本当に良い学校だった。中川教育長,教育委員の皆さんも毎回出席。校内でも中心となる多くの先生方が環境を作り上げておられた。すべてを取りまとめてこのような状況を作られた峰学校教育課長に感謝申し上げます。また,本校とのきっかけを作ってくださったTさん,ありがとうございました。本当に気持ちよく通えた学校でした。終了後は,皆さんとご一緒する時間もなく,あえなく大阪に戻る。

ダイワボウの今回のプロジェクトが目指していたと思われる,産官学連携の好事例となる学校となったと思う。ICT活用に関わり,同校への訪問が増えているそうだ。確かに一度訪問し,先生の日常的な活用場面に触れてみるのが良いかもしれない。