「仕事」カテゴリーアーカイブ

現職教員院生のモデルケース(長崎大学大学院教職実践専攻発表会20150213)

またしても,長崎大学に赴いた。今度は大学院の実践研究報告会に参加をするためである。

今年度修了予定生は1名担当をしていたので,その最後を見届けるためにやってきた。この大学院生は,2年プログラムの小学校教員の院生である。1年目は大学院にはりついて勉強できたが,2年目は勤務校で通常の勤務をしながら,学校終了後,遠い佐世保にもかかわらず,何度も大学に出てきてもらい進捗状況を確認した。

タイトルは以下のとおり。

21世紀型の資質・能力を育む総合的な学習の時間のカリキュラム開発方法〜ワークショップ型研修の実践を通して〜

2年目に学校で実践することを想定し,総合的な学習のカリキュラムを学校全体でどのように開発していくかを提案,それを実践した。1年目は総合的な学習について,実習やプラスアルファでかなり足を運びつつ丹念に調べ,戦後社会科などの文献にもあたり,総合的な学習のカリキュラム開発に必要な要素をチェックリストとして抽出した。2年目は,そのポイントを学校内に浸透させ,総合のカリキュラムを見直していくということを総合的な学習の主任の立場から,ワークショップ型の校内研修を行い,それを指揮した。時間は限られているので満足行かなかった点もあるかもしれないけれど,本当によく頑張られた取り組みだったと思う。私も安心して(?)途中で異動できた。修了後も,教職大学院出身として誇りを持ち,現場で頑張っていただきたいと思う。

指導側としては,これまで私と一緒に担当してきた田中先生,私の異動に伴い色々とサポートしていただいた井手先生に感謝したい。

発表全体については,これから私も引き続き大教大の教職大学院に所属をするので色々と考えさせられた。みんなそれぞれ頑張っているが,特にストレートマスターおよびその指導教員の「教育実践研究」への考えの差がすごく見て取れる発表だった。どれが良い悪いというよりも,議論しながらひとつの方向性を持っていく必要があると思った。大教大ではそれが始まっていて良い議論になりつつあると思うので,大学としての独自性を出していければ良いかなと思う。

発表前後では,色んな学生・院生や元同僚にたくさん声をかけてもらった。本当にありがたい。ここでの出会いは一生の宝である。数名から,「来年も是非来てください」と言われたが・・・はてさて。

産官学連携の成功(多久市立小中一貫西渓校最後の訪問):20150209

多久市立小中一貫西渓校を訪問した。同校は2年間DISスクールイノベーションプロジェクトの指定を受けた学校である。大きな大会は,11月にすでに終わり,今回はまとめの会となった。私の異動があり,行けるかどうか分からなかったのだが,調整により指定された日が たまたま空いていたので助かった。

会は,このプロジェクトの関係者による協議会が前後に入る形で,中学校社会科の授業公開が1本,その検討会とともに入った。授業自体は,課題が上がるもので,検討会においては積極的に議論がなされた。協議会においては,ダイワボウの方から,本校の先生方へのアンケート紹介やログ分析の結果などがあり,成果を積み上げていったことが数字からも分かる形となった。私からは,本校の成功要因について触れつつも,エビデンス積み上げという点では課題が残ること,小中連携の授業についての情報交換・授業研究がさらに必要となることを指摘した。

行く度に改善を重ねる,本当に良い学校だった。中川教育長,教育委員の皆さんも毎回出席。校内でも中心となる多くの先生方が環境を作り上げておられた。すべてを取りまとめてこのような状況を作られた峰学校教育課長に感謝申し上げます。また,本校とのきっかけを作ってくださったTさん,ありがとうございました。本当に気持ちよく通えた学校でした。終了後は,皆さんとご一緒する時間もなく,あえなく大阪に戻る。

ダイワボウの今回のプロジェクトが目指していたと思われる,産官学連携の好事例となる学校となったと思う。ICT活用に関わり,同校への訪問が増えているそうだ。確かに一度訪問し,先生の日常的な活用場面に触れてみるのが良いかもしれない。

長崎大学小学校教育コース卒論発表会20150208

異動後はじめて,長崎大学へ。教育学部の卒業論文発表会に参加をした。今年度は,ゼミに6名の4年生が所属していたからである。私は12月末で長崎大学を退職をしたが,卒業論文の提出締め切りは1月末だということもあり,途中で抜けてしまうことになった。メール等で卒論の仕上げについてはやりとりし,本日の発表会を迎えた。

発表題目を以下に示しておこう。卒論を進める際には,多くの方々にお世話になりました。

  • 学生のICT活用指導力向上のための授業の提案〜小学校国語科「読むこと」の領域におけるデジタル教科書の活用を対象にして〜
  • ICTを活用した協働学習のための指導法チェックリストの開発と評価
  • 話し合い活動において児童に進行するスキルを定着させるための教師用ガイドブックの開発
  • ARCSモデルを用いた児童のICT活用プレゼンテーション能力の向上についてー児童向けガイドブックの開発を通してー
  • 小学校家庭科教育におけるICT活用指導力定着のための指導者用ガイドブックの開発
  • イラストを活用した協働学習の授業設計マニュアルの開発ー社会科における思考力・判断力・表現力の育成をねらってー

発表の練習等,最後のところには付き合えなかったが,自分たちで頑張り,よい発表となっていた。本人たちの努力もあるが,他の先生にご指導を頂いたところもかなり大きいことがわかった。合同ゼミで指導していただいた藤木先生,小清水先生,倉田先生,瀬戸崎先生に感謝申し上げます。途中でこのような事になったことについて,学生はもちろん,まわりの先生方にも本当に申し訳なく思う。

長崎大学では約50名の学生を担当した。私が4月から所属するのは大学院となるので,今後変更がない限りは学部生に対する卒業論文指導を担当しない(今から考えてみると,大きな選択になる)。そう思うと少し寂しいところもあるが,長崎では多くの良い学生に巡り会えた。大教大ではどのような出会いが待っているだろうか。

卒業生とは一生の付き合い。また,どこかで。

大教大3週目終わり―4週目

何をやってるの?と聞かれるが,毎日結構早く過ぎていくもので・・・。

  • はじめての出張は,なんと福岡だった(24日に実施)。NHK学校放送番組・ICT活用講座。前半は,理科番組「ふしぎいっぱい」の活用報告,後半は番組「カラフル」を活用した授業づくりという。前後半で番組がかわる,いつもとは違うスタイル。実践者の佐藤先生にははじめてお会いしたが,放送番組活用の魅力が伝わる実践だった。後半のワークショップではオーソドックスに進めたが,道徳での活用ということもあり,コメント力の無さを実感…。放送番組としては,継続視聴だとか番組分析の重要性を改めて考えることになった。福岡では来年度ブロック大会が実施されるが,関わる機会はあるだろうか。
  • 大学で開発されたシステムについてお話をうかがう。教育実習での活用の可能性など。まだ少し先の話になりそうだが,重要な問題。
  • 木原先生の授業を参観させていただく。NHK「げんばるマン」を活用した総合的な学習の授業プランを学生さんが発表し,NHKの番組制作に関わる方々がそれにコメントをするというような授業。私の授業では,総合のプラン作りも,番組の活用についてもそれぞれに少しは扱ってきたが,よく考えたらそれをつなげた授業を行ったことはなかった。その他,課題の設定の詳細など,いくつか学ばせていただいた。大教大の学生さんをはじめてみて,しゃべることもできたので,どんな感じかもわかった。長大との違いとを感じることはなかった。余談だが,はじめて私の研究室に来てくださった外部の方は,Uさんということになった。写真も撮られ,北の方でネタになっているかなあ・・・。
  • 春から所属する連合教職大学院の第1回目の入試が行われた。慎重に,慎重に進められた。無事に終了。

この他,長崎大学の4年生から卒論提出の報告を受けた。よかった。みんなには,本当に苦労をかけた。お疲れ様。

これで,着任からひと月過ぎた。正直わからないことだらけだけど,まだひと月なんだ,という感じもある。「まだ片付けてないの?」とかゆさぶりをかけられることもあるけれど,ボチボチとやっていきたいと思います。

大阪教育大学に異動しました

昨年12月末をもって長崎大学を退職し,今月より大阪教育大学に勤務することになった。

本来であれば,このサイトに綺麗にまとめて次へ移りたかったのだが,10年近く過ごした長崎の環境や仕事をたたんでいくのはかなり大変な作業となり,ようやく今日に至った。

本当はもっといろんなことに触れたいのだけれど,ここでは2つだけ述べておきたい。
ひとつは多くの方への「感謝」。長崎では本当に色んな人に見送ってもらえた。今まで一緒にお仕事をさせていただいた学校の先生方,同僚,卒業生,そして現役生。年度途中,12月での退職ということで,在学生には本当に迷惑をかける事になった。そんな中でも,みんなこの事実を受け止めてくれたし,気持よく送り出してくれた。藤木先生,倉田先生,瀬戸崎先生には特に迷惑をかけることになった。この他,情報関係や大学院関係の先生方にサポートしていただいた。ありがとうございます。また,着任にあたっては,大阪教育大学の先生方や事務の皆さんにも大変お世話になった。今後組織に貢献することで返していければと思う。
もうひとつは,こうして大阪教育大学に異動して来るにあたり,こうしたことが「良い選択」だったかということをあとで考えるよりも,自分自身の手で「良い選択」にしていくということが重要だと考えている。そして,それは自分のこれからの活動にかかっている。
(まあこのことは学生の紹介で最近読んだ長友選手の本の受け売りですが,自分も常々そう思っていたので。)

勤務は3日目に入った。今のところセッティングや事務書類の対応に終始している。もともと,素早い適応力があるわけではないので,慣れるまでには結構時間がかかりそうだ。

身体に気をつけて,頑張ろうと思う。皆様,どうか今後ともどうぞよろしくお願いいたします。また,本サイトを通して大学のことや研究のことについて述べていきたいと思います。