パワフル・ラーニング 社会に開かれた学びと理解をつくる

本書を編訳者である深見先生(島根大学)から頂いた。本書は編著者であるダーリン-ハモンドを中心とした初等・中等教育における能動的な学習の理論的視野と数多くの実践を各種の教科の立場から紹介してくれている。邦題タイトルを見ても分かるように,日本の次期学習指導要領において期待される教育実践との接点を持つと考えられ,このタイミングで出版をされたのだろうと思われる。
実際の内容を見てみると,21世紀型スキルの獲得につながる探究的な学習が随所に渡ってその重要性や背景理論が紹介されている。章構成などを見てみると,同様に訳書として出されている以下の書籍などを思い出しながら読んだ。
今回「パワフル・ラーニング」を読んでいると,革新的な書籍というよりはむしろ,学習科学研究の流れの中で継続発展的に進められているプロジェクト型の学習がさらに蓄積されているというように読み取れる。我が国でも,こうした学習に興味がある人が読めば,大変魅力的な数多くの学習事例が掲載されており,とても勉強になる。「理解」ということがひとつのキーワードとなっているが,最終章を見てみると,今我が国で目指されている方向性とかなり一致する(というか国の目指している方向性としてこういうものが下敷きとなっている)ということがわかる。私たちは「理解する」ということをあまりに小手先のことに置き換えているのではないかと思う。
頂いたから持ち上げるというわけではないが,深見さんの魂が込められているように感じるし,真面目な性格がとてもよく表れている。それは編訳者による「はじめに」と「おわりに」に表れている。「はじめに」においては,日本の学校教育政策の現状において本書はどういった点に意義があるのか,「おわりに」においては本書の成果を踏まえて学校で取り組めることを,短期的に,かつ中・長期的にすべきことは何なのかということについて独自の考え方をまとめておられる。私として,比較的学校の先生方と接する立場から想像してみると,現場目線ではそれでも短期的なものもなかなか難しいという声が聞こえてくるのだろうな,というのは思った。とはいえ,高等学校の探究に関する科目はこれを意図しているし,総合的な学習の取り組みをさらに充実をさせるという点で,参考となる(しなければならない)点がとても多い。
一方,こうしたカリキュラム開発や実施を学校のみに任せるというよりかは,外部機関(NPOや専門家集団)によって,カリキュラムが開発されたり,土曜日や長期休日機間を活用した正課外の学習活動がもっとあっても良いのではないかと思った。落とし所は,学校と学外機関によるカリキュラム開発の活性化,といったところだろうか。

依頼者の思い通りの「コマ」になれたか?(寝屋川市ICT教育担当者研修)20170629

寝屋川市教育研修センターに赴いた。「専門性研修講座 ICT教育担当者教員研修」の講師として。これまで同市にはこのような研修はなかったが,今年度から4回シリーズで開催されることになった。その栄えある第1回目を担当することになった。教育の情報化について基本的な考え方を学ぶというのが目的であった。加えてタブレット端末が各校に41台導入されており(この市の規模にしては進んでいると思う),その活用事例についても取り上げてほしいということであった。
実は担当指導主事が,我々の大学院の現職院生ということで,この実施が実践課題研究のテーマとなっている。今回に至るまでに,彼から趣旨やリクエスト内容,同市の現状などをうかがったりした上で,実施させていただいた。1回の研修では依頼者からの丸投げであることもあるのだが,さすがにうちの大学院生だけあって,そんなことはなく明確な意図のもと進めることができた。さて私は,大学院の教員として足を引っ張って失敗できない状況の中,ちゃんと「コマ」のひとつとなれたかどうか・・・。大学院のリフレクションミーティングで確認しよう。私のリフレクションになりそうだ・・・。
このシリーズ研修は,私を前座とし,その後は関西の教育の情報化ではどこでも名前を目にするあんな先生や同僚のこんな大先生が講師として登壇されるそうだ。盤石の体制で進められることに違いない。

大阪教育大学連合教職大学院と大阪市との連携による「学校教育ICT推進リーダー」研修がスタート20170626

大阪教育大学連合教職大学院と大阪市教育センターが連携し,「学校教育ICT推進リーダー」に関する研修プログラムを開発・実施することになった。これは,独立行政法人教職員支援機構(旧教員研修センター)の「平成29年度 教員の資質向上のための研修プログラム開発支援事業 (A 教職大学院等研修プログラム開発事業) 」の支援を受けて実施されるものである。教職大学院と地元の教育委員会が連携をしてプログラムを開発していくことが目指されている。申請のための議論を進めたところ,ICTに関するテーマを進めていく(ただし,将来的にはそのテーマを拡張していく)こととなり,その一端を担うことになった。受講者は市内のICTフロンティア約50名のうちの希望者となる。一部ICTフロンティアの研修や,教職大学院で今年度から私が担当している「ICT環境の活用」という講義と一部連携している。昨年度からこの事業の申請の準備やカリキュラムの開発,連絡調整に多くの時間を割いてきた。最近,大阪内,特に大阪市のICT活用に関する学校訪問について述べてきたが,それもこの研修を進めるための自分なりの下調べにあたるものであった。
第1回目は,ICTフロンティア研修と合同で,「教育の情報化の背景」として,90分弱にわたって講義を行った。大阪市の状況やこの研修の目指しているところに合わせ,ただ身近なICT活用のみとはせず,今後どういうことが目指されているのかについて,比較的レベルを高めにした。森田研究科主任,大阪市の担当の先生方から後ろから見られる緊張感のある講義(研究授業で校長先生に見られるみたい・・・と講義では表現したが)であるが,概ね当初の想定通り進められた。
今後は,大阪教育大学教職大学院の知見を活かしたプログラムが展開される。すなわち,教育の情報化について網羅的に学ぶ(教職大学院の講義の一環を拠出し,大学院生とともに講義を受けていただく)のはもちろんのこと,普及を見据えて研修のデザインを考えてもらったり,実際に模擬研修を行っていただく実習もある。8月に集中講義,9月以降は継続的に12月までオンライン,オフラインで実施される。
推進リーダー研修のオリエンテーションも行ったが,希望者であることもあり,明らかに意欲の高さがうかがえた。初年度なのでこれからも大変だけれど,最後まで全うしていきたい。とりあえず,よいスタートが切れた。

「資質・能力」と学びのメカニズム

次期学習指導要領に向けて,最近は例えば解説が公開されるなどしているが,それに関するこの書籍を手にとって読んだ。
本書は,次期学習指導要領の背景となる考え方が示されている。どういう経緯でまとまっていったか,キーワードとしては,資質・能力,見方・考え方,主体的で対話的で深い学びと言ったところがあげられるであろう。各種の誤解などについても説明しながら,その本質はどういうところにあるか,具体的にどのような教育場面が考えられるかを丁寧に描いている。
学習指導要領に目を通す前に,まずこれを読んだほうがいいかもしれないと思うほど,具体的でよくわかるものであった。その背景(なぜ今回のようになっているか)についてがよくわかるからである。アクティブラーニングについてももちろん触れられている。最近特におすすめの書籍を聞かれるのだが,私は今後はこれを推薦したい。
特に興味深かったのは,p184からはじまる「明示的な指導」というところである。最近中学校教員を希望する大学院生を持つことが多く,各種教科に立ち入った話をすることが多い。各教科の見方・考え方を彼らが専門でもない私以上に理解できていないなあとよく思うのだけれど,私の話がしたいのがまさにここに書かれていた。教科の何を指導するのか,特に単元を越えて身につけさせたいのは何なのか,ということ。結局はブルーナーの話になるのかなと思った。
こんなことを考えていると,現場の先生が今後苦労していくことになるのだけれど,大学院生に最低限身につけさせないといけないのは,何なんだろう,という疑問を改めて持った。
本書の著者は,以下の書籍において特に教科の本質にアプローチしようとされている。私はこちらの方を先に読んだのだけれど,興味がある人はあわせて読むのが良いだろうと思う。

実習校への訪問がひと段落(教職大学院学校実習)

私が所属する教職大学院は,全国どこでもそうなのだが,大学院において実習が10単位課されているのが大きな特徴である。今,M1,M2生計6名を担当しており,彼らのいる実習校を時折訪問し,挨拶をしたり授業見学をさせてもらっている。

5月の連休明けから本格的に始まり,M1生については学校への挨拶や実習の説明,M2生については早速実習校での授業が行われてきた。私の場合は6名がそれぞれ別の学校にいるので,6箇所を回ってきた。同じ日に2校訪問というのはザラにある。夜間講義に院生が出席しないといけない関係から,すべての学校が天王寺から1時間の範囲に収まっているが,学校間はもちろん1時間ではないところもあった。しかしようやく今日でその訪問が概ね終了した。

実習校の先生方のご理解はもとより,大学の事務の方や教育委員会の方々が努力してくださって,これまでよりもずっとスムーズに実習が進められるようになったと思う。一方院生がそれを確かな学びとするために条件整備が必要な点もまだ残されているなと思っている。

いろんな学校に訪問することで,地域や児童・生徒の違いなどを見ることができて,私も勉強になっている。問題は,スケジュールと体調の管理が難しいというところ。実習が集中する期間の外部の仕事は極力断っているが,それでも少し入ってきて辛かった。このあと,後期の10月から11月についても同じような展開が予想される。