学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(教育新聞での連載)<随時更新>

8月21日より,教育新聞紙上において,「学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―」という連載が始まっている。全10回にわたる連載である。私が担当し,10回全体のラインナップを決めて,そのうち7回を執筆した。

新聞の後を追って,Web上でも公開が行われている。2回目以降が有料記事となっており,途中までしか読めなくなっている(1階分は全体で1000字程度)。Webにこのまま連載がアップされていくと,過去のものがどこにあるかわからなくなってくるので,リンク集を作成することにした。少し,解説も加えておきたい。もし興味のある方はアクセスしていただきたい。

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(1)遠隔合同授業の定義、意義
遠隔合同授業とは何かについて,説明した。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(2)100PJからの遠隔合同授業
100PJ=100校プロジェクトという昔行われたネットワークを活用した遠隔合同授業の当初の取り組みを東原先生@信州大学に振り返って執筆していただいた。なお,東原先生は,本連載後半に取り上げる文部科学省事業「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の委員長であった。(信州大学・東原義訓教授)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(3)遠隔合同授業の歴史
歴史枠第2弾。100校プロジェクト以降の取り組みが今日にどのようにつながってきているかを説明した。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(4)遠隔合同授業の法整備
遠隔合同授業を実施していく際に,どのように法整備が行われているか,特に高等学校の状況をもとに説明している。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(5) 遠隔合同授業を支える技術
遠隔合同授業をどのような技術を通して実現していくのかーまずは授業のデザインが重要だが,技術的な側面の検討も欠かせない。検討すべきポイントについてまとめた。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(6)最近の実践例(1)離島の学校を結ぶ
最近取り組まれている事例の紹介。長崎県は,「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」を通して実践研究を進めた。また,ここは昔から遠隔合同授業を進めてきたところでもある。これらのことを倉田先生@長崎大学にご執筆いただいた。(長崎大学・倉田伸准教授)