京都外国語大学

1時間目:課題提出をさせた後、前回の復習をそのまま行う。資料は4PのMIN関数まで。次回は絶対参照と相対参照の復習をやるとよい。あと2時間程度で説明は終了し、総合演習に入っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください