「授業」カテゴリーアーカイブ

担当授業を振り返って(4)

第4期は最終回である。2015年度の終盤に大阪教育大学へ異動し,ほぼ4年間教職大学院での講義を実施してきた。

「教育研究方法演習」「教師力と学校力」「(基本学校・発展課題)実習」「実践課題研究」「ICT環境の活用」「学習指導の実践的展開」「教育評価の理論と方法の実践的探究」「ICT教育の推進」「授業におけるICT活用の理論と実際」「メディア・情報リテラシーの実践的展開」

この他「教育方法論」を非常勤として実施しており,未実施の予定科目として「メディア・情報教育の企画・運営」というものがある。4年の間でも,ある科目をはじめたり,その代わりある科目は終わったものもある。大阪教育大学に異動してきたときは,特にICT活用に関しては求められていなかったのだが,そうした科目を担当してきたこともあり,現在へとつながった。

本大学の教職大学院では,今まで以上にティームティーチングが求められることになった。現在これをいかに効果的に行うかがひとつの課題となっている。

4回にわたってまとめてきた授業担当経験について,ここで一旦閉じたいと思う。振り返って書いてみて,これまでやってきたことが,年月をかけて統合されていったことがわかる。またこれらの内容は研究とも大きく関係するのだなあと思う。このような形で今後進んでいくのか,第5期にあたる転換期はあるのか,また時が過ぎれば答えは出るだろう。(おわり)

担当授業を振り返って(1)

少し前,大学のFDの一環として,公開授業参観週間のようなものが設定されていた。授業を見たり,自身の授業を他の方が参観してくださったりした。そういう経験をしながら,「もう随分と大学で長らく授業を担当してきたよなあ・・・」と思い,過去を振り返ってみることにした。

非常勤講師等の時代を含めると,あと少しすると20年の経験となることにまず驚いた。そして,様々な担当科目を担当してきたことも改めて認識した。

今回はその第1期だけ。スタートは非常勤講師としての担当であった。いくつかの大学で,主としてソフトウェアの操作に関する実習を担当させてもらった。この第1期は長崎大学へ就職すると同時に終了した。

第1期に担当した科目名だけ列挙するとこのようになっている。
「基礎情報処理」「情報処理」「コンピュータスキルズ」「情報処理」「教育方法・技術論」「制作実習(マルチメディア)」「情報リテラシー」

科目は限定されているが,最終的には結構多くの時間を担当していたような気がする。時間をかけて準備をし,しっかり教えようと意識はしたものの,キャリアのはじめでもあることもあり,どこまでできたのやら。そしてこのときに「教育方法・技術論」を担当したことはあとに大きく生きることになった。

(多分次回へ続く)

パフォーマンス評価を通して「教科の本質」を考える

新しい学習指導要領において,主体的・対話的で深い学びやカリキュラム・マネジメントがキーワードとなっている。これらに関連した研修も多いのではないかと思う。

いずれも各教科の関連付けを意識したように思うが,その一方,もうひとつのキーワードとして,「教科の本質」や当該教科での「見方・考え方」などにも注目したい。

現在,教職大学院の評価に関係する講義において,自身の設定した単元の目標とそのパフォーマンス評価,その教科の本質を考えさせている。もちろん,このようなことは私一人でできるわけもなく,実務家教員とのTTの中で実施している。

先日は院生がまとめた当該教科の「本質的な問い」について,相互評価をしてもらったり,私から問いかけたりした。当初の予想を上回る形で彼らはよく考えいると思う一方で,それをどう表現していくか,何をターゲットとしていくかは,今後さらに議論していくことで深めていきたい。

授業は以下の書籍の第4章をベースとしている。編著者のおひとりの田村先生は,今年度から同僚となった先生。なんだか縁がある。

長崎大学非常勤(ただし遠隔で)

今年も前任校の長崎大学にて非常勤講師を担当している。大学院の「インストラクショナルデザインとマイクロティーチング」。8月の3日間の集中講義であるが,その場でスタートしても何もできないので,はじめの1時間を大阪から行った。

Googleハングアウトを利用したが,授業の終盤までスムーズに進めることができた。今回の説明に基づき課題を行い,8月の授業においてブラッシュアップしていく。教科書は以下のもの。前に持っていた学生はほとんどいなくなったが,旧知の方がたくさん長崎にいるので,訪問をするのが楽しみだ。

実践課題研究の指導がはじまる

教職大学院も2年目に入り,いよいよ完成年度を迎えた。本学では2年目に実践課題研究(いわゆるゼミの時間)が設けられている。昨年度から実習の振り返り指導の場を設けていたが,いよいよ本格的なものとなってきた。

初回については,1月に提出する実践課題研究成果報告書に向けてのスケジュール確認からはじめ,意外と時間がないことを認識させた。2回目は,これから進めてる発展課題実習の計画の確認,および実践課題研究成果報告書のおおよその流れについて考えてもらった。階段は一気の登れないので,少しずつ登って欲しいと思う。昨年度の情報の整理についてもリクエストしているが,もうすでに進度に差が出ている。大学院なので,自己調整して進めていくことが肝心である。

なお,この1回目と2回目の間には,コース全体で集まり,これからの計画を議論していく場が設けられた(コースRM)。M2生も教員も発表後は1年間頑張って進めてきたことについて肯定的な評価を受け,それなりに満足をしていた。しかし,私はそれが甘いこと,前年度後期に目標として伝えたことが実現できていないという旨のことをフィードバックした(あとの先生方がフォローにまわってくれたけど)。まだまだこんなものではない。みんなもとの能力は高いのだから,もっとできると思う。

私も2年目は,もう少し厳しく指導を進めたい。とはいえ,本当に甘くなったなあと思う。いや,温かくなった,というべきか。これは成長だろうか,後退だろうか。