「未分類」カテゴリーアーカイブ

JSET2019秋季全国大会

日本教育工学会2019年秋季全国大会は,自分にとって特に思い出深い大会となった。 年間1回,3日間の大会について,2日間☓2回にした初めての大会である。大学ではない会場での実施の方針を立て,多くの会場を探したり,担当の方に相談をしたりした。今回の会場に初めて訪問した際は,ひとりで訪問をしている。会場を担当していただいた実行委員会の先生方は,準備にかなり苦労されたと思う。本当に感謝を申し上げたい。

国際シンポジウムについても,Susan先生の受け入れ対応などをおこなった。コーディネーターの望月先生,根本先生には大変なご負担をおかけした。途中から,大会企画委員会の古田先生にほとんどを取りまとめていただき,感謝しかない。当日はいち聴衆者としてみていたが,大変勉強になるシンポとなった。

あと,今回こんなことが重なると思っていなかったのだが,学会の論文賞をいただくことになった。今回のテーマで賞を取ることになるとは思わなかった。以前採録になったときには,いいものができたと思って時任くんと二人で飲んだのは結構前。多くの方に評価されて素直に嬉しい。これを機会に目を通してくれる人が増えるといいなと思う。

大会企画委員会委員長を6月まで担当し,今回終了までは同じように続けようとは思ったが,メール等連絡が遅れがちで,当時副委員長で現委員長の姫野先生を中心に相当なご迷惑をおかけした。結果,台風の脅威に怯えてこともあったが,とてもよい大会が開催された。 本学会の出席に関しては本来大学業務があったものの,職場も理解もえることができた。みなさんに感謝します。 ようやく,今度からは一会員としての参加となる。大会企画委員会,8年だったかな,よく務めたものだ・・・。

現場との距離

最近事務の方からも「あの人は研究をやっているのか?」と心配されているので,たまには研究についても触れてみたい。

先日,後輩研究者に研究の中身について,提案をしたところ,「現場に近すぎます」と言われた。それは裏を返せば,「ちゃんとした理論があるのか?」ということになるかと思う。そうです。確かにそのとおり。結構反省をしました。ということで,その事も含め,少し考え直すことにした。

実は普段も,自分でやりながら,自分にこのことを投げかけていることがよくある。理論あらへんやん,みたいなこと。「理論と実践の往還」とはよく言うのだけれど,自分としては現場の状況をくみ取って,こうだからという明快なロジックを組み立てて,その対応方策を論じなければいけない。この「状況」がほんとに多くのところで当てはまるのか,なぜその対策か,というのは説明できないといけないのだろう。

加えて,私が対象とする教育の現場は,様々なレベルがあることも忘れてはならない。最近,私も外部の人間として,学校に行くだけではなく,教育委員会等で,政策に対して意見を求められたりもするようになった。ここもまた現場とはいえ,実際の学校とは論理が異なる。

様々なレベルを越えて,どちらの状況も知りながら,あるところで提案したものが,適用先でうまく行っているのか,何が問題なのか,実際に目で見なければいけない。それを数ヶ月前,あるところで聞き,自分も意識しないとなと思った。

研究ー現場という横軸,教育現場の縦軸,いずれの場所にも立ち,その場なりのアクションができる,ということが重要なのだろう。

クラスごとで結果が異なる教育実践研究ー結果をよく吟味しよう

教職大学院の大学院生(主としてストレートマスター)が実習で,ある単元や授業の実施を学校から任せていただく。中・高等学校で授業を行う大学院生は,同じ授業に数回取り組むことが多い。例えば任された時間が,3時間の授業で,1組から5組まであったとすれば,15時間授業を実施するーそんなケースにこれまで接してきた。

そこでセオリー通りに,事前と事後にアンケートをとり,評価をすると,こんなケースが出てくる。「1組と2組で結果が全く異なります」。例えば1組では仮説どおり統計的な有意差ありの肯定的評価であったが,2組では有意差が認められないどころか,逆に評価が下がっているなど。こうなってくるとどう解釈するかが実に悩ましい。

そうなったときはやはりまずはきちんと振り返ってみることである。「実は最後の時間の直前はプールであった」「教科担当の先生が担当のクラス」,あげくは「この日のこのクラスはテラシマ先生が来たから」とまで言われたことがある(行かんかったほうがよかったんかい!)。本当かどうかわからない。でも解釈は必要である。人間を対象に進めている教育実践研究は改めて,このようなことは起こりうることだろうという前提を共有したい。

もちろん,振り返る際には,できるだけ客観的な情報はほしい。先の例であれば,では3,4,5組はどうであったのかという結果があるだけで,見え方がまたずいぶん異なるのではないかと思う。このよくあるケース,私も評価に関わったり,実践研究論文の査読に関わることがあるが,こうした特性を忘れてはならないと思う。

新コースへ移籍

2019年度に入った。何名もの方が大学を異動されたが,5年目に入った今年,教職大学院の改組が行われた。具体的には,教職大学院の定員が増え,天王寺だけではなく柏原キャンパスでも展開されることになった。

私は天王寺キャンパスのまま,研究室も変わらないが,所属するコースが変わった。スクールリーダシップコースという現職教員が入学するコースの担当となる。もちろん,これまでの教育実践力開発コースにはM2がおり,そこの指導もすることになるので,今年度は2本立てで展開となる。

新しいコースにおいては,教育の情報化に関する内容がさらに拡張される。また,その他についても多様に学ぶことができるようになっている。スクールリーダシップコースの入学の条件は,正規採用されてから3年以上と敷居も低い。詳しくはこちらをどうぞ。

新しい組織の立ち上げになるので,教員・事務とも準備にバタバタしている。そんな中,今日はM2の実習校へ挨拶に行き,こちらも着々と準備を進めている。

2018年度を振り返って

年度末の中でなんとかサーバの移動を終えた。この1年について振り返っておきたい。

2018年度は大阪教育大学4年目となる1年であった。ようやくルーチンで進められるようなことが増えてきた。その一方,2019年度から連合教職大学院の大きな改組となることからその準備に追われ,会議への出席が増えた。

研究については,毎年悩んでいるが,思い切ってスタンスを変えないといけないなと思う年だった。2度目の基盤研究(C)が助成され,たいへんうれしく思った。一方,いわゆる「研究室」全体で研究をやっていく立場ではないため,自分なりの研究モデルをどうやって形づくればよいのか,いまだ暗中模索している。これまで出版されたなかったものが出たり,依頼されたものではあるが継続して書き続けることだけは心がけているので,それなりの数のものが公開された。新聞記事の連載などもはじめて体験した。

学外の仕事に関しては,都合や体力の面もあり,少し断るケースが増えた。それでも,講演等は今までと比してもっとも多くなってしまった。継続的に関わる教育委員会,学校が増えた。

日本教育メディア学会事務局長と日本教育工学会の大会企画委員長を同時に担当し,3年間が過ぎたが,前者は担当を外れた。引き続きメディア学会は企画委員長と任が重い。教育工学会の大会企画委員長はかなり重い仕事で,2回化に関わる中で悩ましい場面が多かった。

多くの人と関係する中で,自分が動かないと始まらないことが増えると,どうしてもそちらから手を付けていくことになる。結果,研究や教育のことを後回しにしてしまうことを反省したい。特に講義準備が後回しになることが多いので,これは反省し,改善したい。

タイミングから見て,大阪生活の第1期がほぼ終わりつつあり,第2期への移行期に入った。いろいろと変化も多くなるだろうが,元気に過ごしていきたい。しかし,こうやって書いてみると,年をとるとぼんやりとした書き方になるなあー