カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日本教育工学会論文誌に掲載される

最近学会といえば,その業務の切り盛りに日々頭を悩ませているが,論文が掲載された。
時任隼平・寺嶋浩介(2018)学校改善を担うスクールミドルの成長発達に寄与する教職経験に関する研究『日本教育工学会論文誌』42(1) pp.15-29.(2018年7月10日)https://doi.org/10.15077/jjet.41081
要約は,以下の通り。
本研究の目的は,学校改善を担うスクールミドルの成長発達に寄与する教職経験の具体を明らかにする事である.学校改善に取り組む2つの公立高校を研究事例とし,スクールミドル5名を対象にインタビュー調査を実施した.複線径路等至性アプローチを用いて分析した結果,スクールミドルは校務分掌の一環としてパイオニア径路とフェロー径路のいずれかを経た経験を持つ事が明らかとなった.具体的には,パイオニア径路の教師は分掌内で学校改善案を発案し分掌内外の教師との関係調整等を行い,フェロー径路の教師よりも強くリーダーシップを発揮している可能性が示唆された.また,フェロー径路の教師はパイオニア径路の教師とは異なる役割を自律的に担った経験等を経ていた.径路進行の際には受験指導等を重視する学校文化との衝突が生じ,スクールミドルは同僚グループによる協力体制を形成した上で先輩教師からの支援を受けた経験を経ている事が明らかとなった.
教育工学会にはあまりないテーマ,アプローチの研究だが,興味がある方はぜひ手にとって読んでいただきたい。高校の先生を対象としたのも珍しいと思う。この論文により,科研で着手していた教材の幅が広がった。また,自分にとっても,新しい研究手法について考える切っかけともなりよい機会となった。
査読プロセスにかなり時間がかかり,ようやく掲載の運びとなった。自分が中心に書くのならまだしも,後輩の時任くんががんばって投稿して進めたもので,ぜひ採録になってほしいという思いがあったが,途中からは不安ばかりが募った。時任くんは本当に文章がうまいと思ったのだが,これでも難産だということは,もし自分が博士課程等の院生を指導して,これがドクター論文と大きく絡むのだとしたら・・・と思うとゾッとした。こうした立場で指導されている方の苦労を想像することができた。

社会科NAVIに記事が掲載される

日本文教出版から,社会科NAVIという雑誌が発行されている。小・中学校の先生方を対象にした読み物だ。今回依頼を受けて,「主体的・対話的で深い学びの実現に向けたICTの活用」ということで文章記事が掲載された。

相変わらず気軽に引き受けたら,過去の同じところの著者を見てみると,高名な方ばかりなので驚いた。私は,社会教育研究を行っているわけではないので,どういった内容が適切かを考え,まとめたつもりである。最近大学院の実習として社会科の授業を見ることが多いので,執筆にあたっては参考になった。

冊子でも発行されているが,こちらから,電子ファイルにアクセスできる。

教科指導における遠隔授業の実践

文部科学省事業「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」企画・評価委員会委員 というのを務めている。今回,現地視察ということで,萩市立佐々並小学校を訪問した。同校には2度目の訪問となる。
前回同様,10キロほど離れている明木小学校との遠隔合同授業の様子を見せていただいた。前回と比較して,単元の中でどの部分で交流するか,どういう情報の見せ方が良いかなどが洗練されていた。先生方が丹念に準備をされている姿が印象的であった。
うまく進めることの一つの秘訣として,回数を重ねることがあるかと思うが,教科指導だけではなく修学旅行の打ち合わせなどにも活用しているということであった。両校の児童は同じ中学校へと進むので,必要性に応じた交流が緻密に重ねられていることがよくわかった。

ICT活用の日常化が進みつつある中学校(彦根市立鳥居本中学校)20160921

彦根市立鳥居本中学校を訪問した。同校は,滋賀県教育委員会の研究指定を受け,ICT活用の実践研究を進めている。小中一貫の学校で,グラウンドの芝生が実にきれいな学校。各学年1学級ずつで,小さい学校であることもあり,タブレット1人1台が実現している。教室にはプロジェクタによる投影および,黒板に貼りつける形の電子黒板が設置され,2画面使えるようになっている。
タブレット端末が入ってから1年程度ということで,当初は機材トラブルもあったようだが,私が見た学級ではスムーズに活用されていた。社会科では各グループがホワイトボードにまとめ,それを撮影したものを投影していた。英語ではスピーチの録画を行っていた。理科では,2画面を有効に活用した指導がなされていた。いずれもよそ行きではなくスムーズに活用が行われており,日常的に使っている様子が見受けられた。タブレット活用に関しては,さらに量的な実施が期待されるところであるが,教科を越えた活用のパターンのようなものを見出すのがキーであること,また教科を越えた学力の育成が今後重要になってくるように思った。
しかし,この学校の今後の指導助言者のラインナップがすごい。この後には関西大の黒上先生,そして1月末の公開研究会では東京学芸大の高橋先生と文科省の新津課長が来られるとのこと。着々と実践研究が進められている。

D-project春の公開研究会2016 in 京都 取材報告 No.5(2016年3月26日) – 教育ICTリサーチ ブログ

3月にD-projectの公開研究会に読んでいただき,中橋くん@武蔵大学コーディネートの下,堀田先生@園田学園女子大学とともに登壇をした。その様子が下記のサイトに公開されている。

情報源: D-project春の公開研究会2016 in 京都 取材報告 No.5(2016年3月26日) – 教育ICTリサーチ ブログ