kostera09 のすべての投稿

連合教職実践研究科の改組

本日,大阪教育大学大学院連合教職実践研究科の入学説明会が行われ,私も参加した。次年度から,大学院は組織変更になる。

私は,新組織においてはスクールリーダーシップコースを担当する予定である。詳細については,このページを参照していただきたい。

興味がある方は,受験をご検討ください。

初等中等教育におけるICT活用の出版とSIG「教育の情報化」での話題提供

この度,日本教育工学会が監修し,発行してきた教育工学選書において,「初等中等教育におけるICT活用」が出版された。私はその編著者となっている。今後この分野で研究を進める方にとって,そのスタートラインに立つための1冊となるようにまとまっている。私は,「児童・生徒におけるICT活用」を担当し,その考え方,学会での関連研究についてまとめた。

なお,こうしたこともあり,来週行われる日本教育工学会のSIG「教育の情報化」において,話題提供者として登壇することになっている。初日に実施されるが,詳細はこちら。本書の自身が担当した章と絡め,今後この分野の関連研究が進められることを期待したい。

学校教育ICT推進リーダー養成について教育家庭新聞に寄稿しました

大阪市教育センターと実施している学校教育ICT推進リーダー養成プログラムの実施が2年目に入った。この具体的な内容に関して,教育家庭新聞に寄稿したところ,9月3日号に掲載された。よろしければ御覧ください。

院生と現職教員がグループワーク<寄稿 大阪教育大学大学院 寺嶋浩介准教授>

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(教育新聞での連載)<随時更新>

8月21日より,教育新聞紙上において,「学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―」という連載が始まっている。全10回にわたる連載である。私が担当し,10回全体のラインナップを決めて,そのうち7回を執筆した。

新聞の後を追って,Web上でも公開が行われている。2回目以降が有料記事となっており,途中までしか読めなくなっている(1階分は全体で1000字程度)。Webにこのまま連載がアップされていくと,過去のものがどこにあるかわからなくなってくるので,リンク集を作成することにした。少し,解説も加えておきたい。もし興味のある方はアクセスしていただきたい。

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(1)遠隔合同授業の定義、意義
遠隔合同授業とは何かについて,説明した。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(2)100PJからの遠隔合同授業
100PJ=100校プロジェクトという昔行われたネットワークを活用した遠隔合同授業の当初の取り組みを東原先生@信州大学に振り返って執筆していただいた。なお,東原先生は,本連載後半に取り上げる文部科学省事業「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の委員長であった。(信州大学・東原義訓教授)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(3)遠隔合同授業の歴史
歴史枠第2弾。100校プロジェクト以降の取り組みが今日にどのようにつながってきているかを説明した。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(4)遠隔合同授業の法整備
遠隔合同授業を実施していく際に,どのように法整備が行われているか,特に高等学校の状況をもとに説明している。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(5) 遠隔合同授業を支える技術
遠隔合同授業をどのような技術を通して実現していくのかーまずは授業のデザインが重要だが,技術的な側面の検討も欠かせない。検討すべきポイントについてまとめた。(寺嶋)

学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(6)最近の実践例(1)離島の学校を結ぶ
最近取り組まれている事例の紹介。長崎県は,「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」を通して実践研究を進めた。また,ここは昔から遠隔合同授業を進めてきたところでもある。これらのことを倉田先生@長崎大学にご執筆いただいた。(長崎大学・倉田伸准教授)

日本教育工学会全国大会における若手研究者の集まり

私も所属している日本教育工学会の全国大会(東北大学で開催)において,(自称)若手研究者の集まりがあるそうです。
私は数年前に引退することにしましたが,ここで出会った同世代の仲間がいることは,これ以降も心強いことになるだろうと思います。学会参加者はぜひ,この会への出席も検討されると良いと思います。以下が案内です。

幹事代表は山本くん(東大)のとのこと。皆さんお疲れ様です!

—————–
日本教育工学会 第34回全国大会の開催にあわせて、
今年も自称若手研究者の集い「ワカモノタチの大宴会2018」を開催いたします!
初めての方も、毎年参加してくださっている方も、最近ちょっとご無沙汰の方も、幹事一同お会いできることを楽しみにしております
参加申込はウェブサイトのお申し込みフォームからお願いします。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!

■日時
9月29日(土)【大会2日目】
開場(受付開始)20:30 開始21:00(23:00終了)

■場所
宮城郷土料理 よいしょ(酔所)https://www.hotpepper.jp/strJ001178945/
宮城県仙台市青葉区一番町4-2-13 エビスヤビル3F
地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩5分
南北線広瀬通駅より徒歩3分

■会費
社会人 3000円 学生 2000円

■ウェブサイト
http://labs.m-mode.net/jset_wkmn/

■申し込み方法
ウェブサイト右下「申込みフォーム」からお申し込みください

■参加資格
自称ワカモノ!であればOKです。 教育工学会がはじめてで知り合いがいない、
という方もご参加下さいませ。 知り合いがぐんと増えますよ!
なお、ワカモノの大宴会は有志のボランティアによって運営されています。
不手際などあるかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。

■Facebook にて過去の模様や最新情報を発信中!
https://www.facebook.com/JSETwakamono

■幹事団
幹事代表:山本良太(東京大学)
副幹事:仲谷佳恵(東京大学)
会計:香西佳美(京都大学),澁川幸加(京都大学)
受付:長濱澄(早稲田大学),嶋田みのり(東北学院大学),池田めぐみ(東京大学)
総務:遠海友紀(東北学院大学)
企画:杉山昂平(東京大学)
Web管理:伏木田稚子(首都大学東京)

■お問い合わせ
jsetwakamono[atmark]gmail.com
※[atmark]を@に変えてください。